ボドウェルサマー到着から帰国まで

◆お子様一人旅のボドウェルサマープログラム/Bodwell’s University Summer Programs

10才の小学生が初めてお子様一人旅で、カナダに来ることになりました。カナダのボドウェルハイスクール主催のボドウェルサマープログラムに参加し、ブリティッシュコロンビア大学に滞在します。到着から出発までを見てみましょう!

vancouver airport

バンクーバー国際空港の到着エリア。

飛行機を降りて、人の流れと一緒に入国審査、スーツケースなどの荷物のピックアップ、税関を通り、扉を出ると、到着エリアに出ます。(上の写真)右の通路を歩き、左の二体の像を目指してください。その付近にボドウェルの空港送迎の担当者がお待ちしています。

arrival

到着エリアのこの像を目指して下さい。

bodwell summer1

初めてカナダに一人でやって来ました。

日本では国内便から国際便(直行便)に乗り換えて、無事カナダのバンクーバー国際空港に到着しました!ちょっと緊張気味のHS君。『ちゃんとボドウェルのスタッフに会えるかな、少しドキドキ』

写真には写っていませんが、10才なのでエアラインの一人旅サポート(有料)に申し込んでいて、係員と一緒に出てきています。

family service

航空会社のお子様サポートのサービスを利用。

各航空会社ともに、子どもが一人で飛行機に乗って安全に目的地に着いて、お出迎えの人のところに行かれるようにサポートをしてくれます。それぞれ最低年齢や料金など異なりますので、どうぞ調べてみてください。英語では、Unaccompanied Minor (UM) serviceと言います。日本語では通称アナカンサービスです。

出発空港では保護者がチェックインカウンターで、引き取る方の名前や連絡先を明記し、到着空港では、指定された方(ここではボドウェル)が身分証明書を持って迎えに行きますので安心です。

ボドウェルスタッフ

ボドウェルのTシャツを着て、看板を持ったスタッフがいます。

「ようこそカナダへ」

二体の木彫りの像の周辺で、ボドウェルの担当者がBodwell’s University Summer Programsのロゴ入りのTシャツを着て、ボドウェルの看板を持って、お待ちしています。ご到着以前に、保護者の方より、到着便の情報をいただいていますので、飛行機が遅れたり、早めに着いても待っていますので安心してください。

fromwest

フロムウエストはお子様のご到着をいち早くお知らせします。

ノースバンクーバーのボドウェル高校最寄りの現地日系NO.1公式代理店フロムウエストも空港で、お子様のご到着をボドウェルと一緒にお待ちしております。フロムウエスト経由でお申込いただいたお子様の名簿やお写真を持っていますので、親御さんに無事ご到着のメールを入れています。また、ご到着後も、学校以外の地元の緊急連絡先になりますので、さらに安心です。「会えて良かったぁ!」HS君もニッコリ。

 

ubc

バンクーバープログラムはブリテッシュコロンビア大学滞在。

バンクーバープログラムの滞在先は、ブリティッシュコロンビア州の名門ブリティッシュコロンビア大学(UBC)で、緑が美しく、環境の良いキャンパスです。ボドウェルサマープログラムは長い間、UBCを開催地にしており、UBCでのサマーオフィスも、アクティビティの場所も、英語レッスンの教室もすべて隣接している非常に便利な立地です。

 

ボドウェルサマーオフィス

Bodwell SummerのUBCオフィス

ボドウェルサマープログラム開催中はUBC構内にボドウェルサマープログラムのオフィスがあります。滞在中のご質問はこちらにどうぞ。24時間体制で、カウンセラーは担当の生徒さんと同じ寮に滞在します。毎年、日本人も採用しておりますので、日本語でお問い合わせをすることも可能です。

 

UBC SUMMER

やっとボドウェルサマー開催のUBC寮に到着!

BODWELL, UBC

ここがボクの部屋です。

UBCの大学寮は一人部屋です。

ubc key

部屋もUBC寮入り口もキーがあります。

ubc telephone

「無事着いたよ!」コ―リングカードを買って電話。


ubc laundry

スタッフに聞いて、お洗濯も自分でします!


UBCでシャワーに入って、ぐっすり寝ます!

summer morning

おはよう!さあ、準備、準備。

bodwell summer

午前中は英語レッスン、午後はアクティビティ。

bodwell summer34

さあ、楽しいBodwell Summerの始まりです!

bodwell summer35

英語レベルで国籍年齢は関係なくクラス分け。

bodwellsummer36

待ちに待ったランチタイムです

bodwellsummer 37

今日のランチメニュー

bodwellsummer 38

ボドウェルサマーのランチ風景

bodwellsummer 39

よく勉強したから美味しいよ!

bodwellsummer 40

自動販売機で飲み物購入!

bodwellsummer 41

友達にも会って元気が出てきました!

bodwellsummer 42

オフィスの掲示板を見てスケジュールの確認をします

bodwellsummer 43

午後はアートのクラス。何が出来るのかな。

bodwellsummer 45

日替わりでスポーツ・ヨガ・ダンス・テニスなどをします

bodwellsummer 45

絵葉書のような青空の下、スポーツを楽しみます

bodwellsummer 46

その後のプログラムはグループごとに外出。

bodwellsummer 47

カナダのスクールバスに乗ってフィールドトリップ!

bodwellsummer 48

バスの中も楽しいよ!

bodwellsummer 49

大自然の中で遊ぶ。森林浴の一日


・・・とうとう帰国の日がやってきました。

bodwellsummer 50

スクールバスで再びバンクーバー国際空港へ。

bodwellsummer 51

とうとう最終日です。何かちょっと寂しいかも・・・。

bodwellsummer 52

チェックインカウンターまで皆で行きます。

bodwellsummer 53

アナカンサービスの手続きをします。

bodwell summer 55

サヨナラ、HS君。See you again!


bodwellsummer 56

UBCでのボドウェルサマープログラム集合写真

【ある日のボドウェルサマープログラム同行の編集後記】

ブリティッシュコロンビア大学はいつ行っても美しい場所ですが、あの夏の日は特に輝いていて、子供たちの顔も緑も本当にキラキラ、きらきら・・・。HS君は四人兄弟の長男で、普段はたくさんの家族に囲まれて生活しています。だから、最初の3日間ぐらいは辛かったかもしれません。でも、話しかけるといつも笑顔で答えてくれましたね。全部のボドウェルサマープログラムの最終日、涙が止まらなかったと言ったスタッフもいました。皆、ありがとう。そんなボドウェルのサマープログラムも25周年。たくさんの感動がまた甦ってきます。今年はぜひあなたに参加していただけたら、と思います。